1333


今思えばたまたま周囲に
絵が得意な人がいなかった
(もしかしたらいたのかもしれないが
私のようにそれを全面に出す人が
いなかった)
だけで、なんとなしに
絵が上手い上手いと
チヤホヤされていた様な気がします。

まあ、私は落ちこぼれたけど
いわゆる進学校だったので
別に絵が上手くなりたいとかいう
衝動よりも
学力で進路を切り拓こうという
人が大部分だったのでしょう。

芸術の専門コースとかも無い
普通科だったし。


↓「いいね!」押してくださると作者ウレシイ

人気ブログランキング