0177

超・実話ですねこれは。

余命宣告され
日に日に痩せていく病床の父を
できる限り毎日見舞ってた時
見守ることしかできない
無力感と悔しさをずっと感じており
死後、「本当に自分は父に対してできるだけのことはしてやれたのか?」と
心に引っかかってるものがあったんですが

こちらの奥さんのおかげで
それがスッ…と消え
心が喜びに満ち溢れました。
父は感謝してくれてたんだな…と。
ちゃんと成仏してくれたんだな…と。

奥さんはこの話を自分たち遺族にしたら
嫌な思いさせやしないかなと
ちょっと躊躇したそうなんですが

すっごくすっごくありがたかったです。


↓押してくださると作者ウレシイ

人気ブログランキング

スポンサードリンク