1847

これまでの「ヨメはんにとっての」
一生忘れられない夫からの侮辱は
一貫して夫からしたら
「良かれと思って」
「エスプリの効いたジョーク」
「悪気は一切無く、むしろ愛情を込めて」
…といった要素が含有されており
それがことごとく裏目に出た
結果であると言えましょう。


↓「いいね!」押してくださると作者ウレシイ

人気ブログランキング

スポンサードリンク