ブルータスお前かも : 2020年02月

ブルータスお前かも

地方在住のお絵描き好きな小父さんが日々の思いやら何やらを綴っています。 明日こそはきっといいことあるに違いない。

LINEスタンプ発売中!!お気に召しましたら是非!
『OL狩留内マキ』https://line.me/S/sticker/1442513
『OL狩留内マキ 2』https://line.me/S/sticker/1462598
『OL狩留内マキ 3』https://line.me/S/sticker/1470993
『OL狩留内マキ 4』https://line.me/S/sticker/1485013
『マロンちゃんとくろうさちゃん』https://line.me/S/sticker/1449455

2020年02月

久しぶりのこの感じ

1066

実はこの記事がアップされる今日が
試験日なのです。

全5科目の試験(単位制)を
いくつパスできるのか?

自信はまったくないです。

落ちた時には
①忙しすぎてちゃんと勉強できなかった
②娘と猫に勉強の邪魔をされた
③試験中におなかが痛くなった
④解答らんに解答をうっかり
ひとマスずらして書いちゃった

…あたりを言い訳にするつもりです。


↓「いいね!」押してくださると作者ウレシイ

人気ブログランキング

おとーさんの気持ち

1065

この「サバイバル」シリーズも
キッズの間では超人気コンテンツらしい。

私のような冷めた大人はついつい
そもそも行くなよそんな危険な所に
とか思っちゃうんですが
それを言っちゃーオシマイなんですよね。

買いましたよ。買わされましたよ。
税別1200円で。

この内容が将来
娘が氷河に行った時に
とっても役立ちますように。


↓「いいね!」押してくださると作者ウレシイ

人気ブログランキング

知識の泉

1064

大人にはわからぬ面白さが
あるのでしょう。

ざーーーっと流し読みすれば
1冊5分ぐらいで読めてしま(以下略)。


↓「いいね!」押してくださると作者ウレシイ

人気ブログランキング

いくつあっても足りないの

1063

悲しい…無性に悲しいのです。


↓「いいね!」押してくださると作者ウレシイ

人気ブログランキング

バス通勤の思い出②

1062

世知辛い世の中になりましたよね。
どっちかってーと
私はこういう場合は
「こらこら」「ダメだよ」と
注意したい派なんですが

こういうこと平気でするようなガキは
たぶん注意すると
陰険な形でもって
何倍にもして報復行動を
起こしてくると思ったので

己の身かわいさに
放置してしまいました。

これがいまだに
「あれで良かったんだろうか?」と
私のわずかな良心をさいなむのです。

バス通勤なんてしなけりゃよかった。


↓「いいね!」押してくださると作者ウレシイ

人気ブログランキング

バス通勤の思い出①

1061

いまだに忘れられない出来事です。
(つづく)


↓「いいね!」押してくださると作者ウレシイ

人気ブログランキング

上に立つものとして

1060

この駐車システムが良くないってのは
みんな思ってるはずなんですよ。

ここぞとばかりにいろいろと
建設的な改善案を提示したんですが
このボスは
部下が提案してきてくれたというよりも
部下が私の言うことに反抗したという
カタチにしか受け止められない様子で。

まったく聞き入れませんでした。

う~ん。

最近はウチの業界
この手のボスが多いんですね。
何でもかんでもとにかく
言うことをハイハイ聞く部下しか
可愛がらないっつーか認めない。

働く気なくなるよなあ…。


↓「いいね!」押してくださると作者ウレシイ

人気ブログランキング

私の何がいけなかったの

1058

あんまし興味がなくなっても
ミュートにして友達リストには
残しておく…みたいなことは
しないんですね。女性は。
それはもう前触れもなく
スパッと切ります。

私の場合はよっぽど相手方の記事が
不快でない限り
ご縁を大切にして
繋がっていようと思うんですが。

こういうのに一喜一憂するのが
めんどくさいんでしょうね。
SNSって。


↓「いいね!」押してくださると作者ウレシイ

人気ブログランキング

若い身空で

1052

口には出しませんよ?
こんなこと言ったら一発で
社会から抹殺されちゃうんで
もちろん口には出しませんけど
「そんなことじゃ恋人も…」
と心配んなっちゃう。

医者の不養生って言葉がありますが
周りの人に対してはさておき
もうちょっと自分自身の健康管理にも
気を配ってほしいなぁ。


↓「いいね!」押してくださると作者ウレシイ

人気ブログランキング

なぜ親睦と言えばソフトボール大会なのか

1057

だからこの時
ソフトボールに誘ってきた人たちが
いまだに好きではないのです。

まあ、そこまで私を貶めようとしてた
わけではないんでしょうけど
結果的に、ね。

あと、「若い」ってだけで
運動ができるっていう幻想は
捨ててほしかった。


↓「いいね!」押してくださると作者ウレシイ

人気ブログランキング

ギャラリー
  • それでも借りたかった
  • ヒエラルキー
  • 田舎の戸建てゆえの悩み
  • こういう人なの
  • 危機回避
  • 灯台
  • 昭和なあいつ
  • 特にこのご時世では
  • ズバリ言うわよくん②
スポンサードリンク
楽天市場